株主総会のために映像制作をする

株主総会で映像を流すことには様々なメリットがあります。

関わったことの有る方なら、嫌というほど知っているかと思いますが、株主総会は、事業報告のパワーポイント制作、進行管理、シナリオ制作、それらの打合せ、当日のナレーション、等多くの労力が必要となり、担当者の負担も大きなイベントです。

それらを解決する方法として有効なのが、事業報告等をすべて映像制作会社に任せる…という方法です。

映像制作の会社では、今までに養ってきた映像制作、コンテンツ制作のノウハウをベースにして株主総会における事業報告の見える化のサービスを行っています。

開かれた会社であるということを、株主総会においてアピールするために、株主に対してよく分かる報告をすることが大切になってきています。

そのため、株主総会においては、映像制作やパワーポイントによる事業報告をすることによって、株主の理解を深め、株主総会をスムーズに運営をするために、事業報告を見える化することが多くの場合導入されています。

株主総会で映像制作により見える化するメリットとしては、いろいろあります。

株主総会において映像制作などによって見える化するメリットは、スライドや写真、グラフを使用して、視覚的にアピールすることによって、株主の理解が深まる、理解しやすい報告をするができる、ナレーターのプロを使用したパワーポイントによって株主総会の運営がスムーズにできる、事務局や議長の負担が軽くなる、などがあります。

そもそも、株主総会とは??

会社の株を持っている株主が集まって、会社の大切な事項を決定する最高の株式会社の意思を決定するものです。

主として、直接株主からの質問に回答する質疑応答、取締役の決定、経営方針や業績などを説明します。

個人の女性の年配の人などの参加者が多くなるような傾向があり、イベントや懇親会など、参加する株主が楽しむことができるような趣向をいろいろ凝らす会社が近頃は多くなっています。

ゲストに有名なタレントを呼んでコンサートなどを実施するところもあり、イベントを何等か実施するようなところは年々多くなっています。

株主の中には、イベントを楽しみにしている人も多くいるでしょう。