株主総会のために映像制作をする

株主総会用の映像制作で、株主に安心感と信頼感を与える

株主総会が開催される日程に合わせて、映像制作や動画制作を行う必要があります。

やはり企業の信頼度をアピールすることも重要ですし、会社としても株主総会へ参加して下さる方々・会社の株を所有する株主様方へ、安心感と信頼を与え、そして未来へつなげていくことも重要になるため、映像制作・動画制作は力を入れるべき部分になります。

事業活動報告など映像として流すことで、コスト削減にもつながりますし、資料で渡したとしてもじっくり見ていただく方もいますが、映像や動画の方が分かりやすいと高評価を得られています。

具体的な数字を株主総会へ参加された方々が理解できるよう、映像制作する上で重視しています。あまり分かりずらい内容ですと企業に対しても不信感を抱くことになるため、簡素に分かりやすい内容で映像制作・動画制作を行うようにしています。

CGを取り入れ、ナレーションでスムーズに事業活動報告・経営方針・経営計画・財務状況等のデータを分かりやすく映像制作することでコンセプトになります。

株主総会は映像を使用した方が株主の理解も得られやすくなる

百聞は一見にしかずという言葉がありますが、これは株主総会にも当てはまります。

例えば業績説明や見通しなどは、パワーポイントを用いて口頭で説明すれば足りるでしょう。しかし、会社説明など大まかな内容の場合はパワーポイントでは限界があります。作れなくもないですが、容量が膨大になってしまいますし、何よりもマンパワーがそこで大きく取られてしまうことになります。

そこでおすすめなのが、映像を使用した説明方法です。

例えばメーカーなどの場合、工場や施設の紹介映像がより効果的になるはずです。サービス系職種であれば、オフィス内や店舗内を映像で見せるとより効果的になるでしょう。こういったことは、言葉でいくら説明をしても限界があります。そのため、こういった内容を説明する際には映像の方が良いのです。

ただし、映像であれば何でも良いというわけではありません。素人が制作すればチープなものになってしまいますので、やはりこういったものはプロにお願いをしましょう。プロであれば撮影から動画の編集、場合によってはナレーションやテロップも入れてくれます。

やはり本物のカメラマンのスキルや、本職のディレクターの方が見せ方は知っていますからね。こういった力を利用すれば、株主総会でファン拡大を目指せますし、何よりも企業価値を上げることが出来るはずです。

株主総会写真
株主総会の様子

株主総会用のIRは動画を使うと簡潔に分かりやすくなる

株主総会は実際にその業界に関わってない普通の株主さんもいらっしゃるので、実際に会社内で行っているプレゼンのように説明をするだけでは伝わりにくいこともあります。

その業界にいる人や普段の社員向けの説明などは文字なども多めで専門用語などもあるので、これを分かりやすく伝えなければ普通の株主さんには不親切になってしまい、将来的な関心を失ってしまいかねません。

そこで最近株主総会のIR用の映像で用いられているのが映像制作会社による動画での事業報告や活動報告の紹介です。

こちらはプロの映像制作会社に依頼する会社も増えてきましたが、自社では難しいアニメーションやCGなども使って動画を作るために、視覚的な情報量が凝縮されており、内容が簡潔で分かりやすくなるのが大きなメリットです。

具体的な商品だけなら説明でも事足りることもありますが、抽象的なビジネスモデルなどはアニメーションやCG、図解などの動画を使う方が遥かに分かりやすくなります。

株主総会で映像を流すメリット

関わったことの有る方なら、嫌というほど知っているかと思いますが、株主総会は、事業報告のパワーポイント制作、進行管理、シナリオ制作、それらの打合せ、当日のナレーション、等多くの労力が必要となり、担当者の負担も大きなイベントです。

それらを解決する方法として有効なのが、事業報告等をすべて映像制作会社に任せる…という方法です。

映像制作の会社では、今までに養ってきた映像制作、コンテンツ制作のノウハウをベースにして株主総会における事業報告の見える化のサービスを行っています。

開かれた会社であるということを、株主総会においてアピールするために、株主に対してよく分かる報告をすることが大切になってきています。

そのため、株主総会においては、映像制作やパワーポイントによる事業報告をすることによって、株主の理解を深め、株主総会をスムーズに運営をするために、事業報告を見える化することが多くの場合導入されています。

株主総会で映像制作により見える化するメリットとしては、いろいろあります。

株主総会において映像制作などによって見える化するメリットは、スライドや写真、グラフを使用して、視覚的にアピールすることによって、株主の理解が深まる、理解しやすい報告をするができる、ナレーターのプロを使用したパワーポイントによって株主総会の運営がスムーズにできる、事務局や議長の負担が軽くなる、などがあります。

株主総会写真
株主総会の様子その2

株主総会に活用される映像制作

株主総会が、より株主に対してわかりやすく、企業価値のアピールの場となることが求められてきています。そこで注目されているのが、株主総会に参加株主に対して見せる動画です。

以前のように紙資料やプレゼンテーションだけでなく、よりストーリー性を持った、株主に共感を呼び起こさせるような動画を使うことによって、企業の活動や経営者のメッセージをより効果的に伝えることができるのです。

最近では、株主総会向けの映像制作を専門に行うような業者も数多くあり、それぞれ特色をもった映像制作を行っています。

まるで短編映画のようなストーリー性を重視したものや、紙資料ではわかりにくい数字やグラフをより理解しやすくしたものなどは、多くは専門のコンサルタントがヒアリングしたうえで、より効果的な映像を制作します。単に退屈だった株主総会を、より株主に興味と信頼をもたせることができるのです。

また、株主総会で用いる映像だけでなく、株主総会そのものを映像として制作し、Webサイトと連動するなどして、株主総会に参加しない株主、そのほか企業に興味をもっている方にアピールすることも可能です。

株主総会での分かりやすい説明にも役立てられる映像制作

株主総会では、企業から株主にこれまでの取り組みや今後の会社運営の見通しなどを説明することも多くあります。

多くの株主を招いて広い場所で行われることの多い株主総会では集まった方々にできる限り分かりやすく企業の取り組みを伝えるための手段として映像を用いた紹介動画を制作する会社も増えています。

映像の中には企業としての実際に行った映像を組み込むことやグラフや文字などを取り入れて1年の活動を流れの中で説明することもでき、映像のクオリティがそのまま企業としての特色を表すものとして使用される場合もあります。

そのため株主総会など対外的なものとして使用されるような映像は専門の映像制作会社に依頼して制作されることも多く、プロの撮影や編集によってより洗練された映像を用意することもできます。

限られた時間の中で情報をまとめることができるのも映像を利用するメリットでもあり、株主総会をスムーズに進行させるためのコンテンツとしても役立てられています。