「子供が自転車に乗れた!」映像化

子供が自転車に乗れるようになるまでの様子を撮影し映像化してみたいですね。
父親か母親がビデオを回してもいいのですが、子供の可愛らしさばかりを撮影してしまうと思うので、ここは第三者が撮影した方が面白いと思います。
いわゆるホームムービーにはしたくないのです。家族は楽しく、見させられる他人は苦痛でしかない、あの家族日誌のような作品になる事を避ける為です。
子供が自転車を欲しがるシーンから始まります。
父親に連れられて近所の自転車屋に行きます。スーパーの安売りはやめておきましょう。自転車の専門店がいいです。自転車好きな店員が親切に子供用の自転車の選び方を教えてくれます。
この時に、子供と父親だけではなく、自転車の専門家が加わる事が話を面白くします。店内にはサイクリング用からプロが乗るような自転車が置いてあります。それを見た子供は感動すると思います。
自転車の乗り方の練習が始まります。子供は初めは怖がってしまうものです。家族に励まされ、近所の人たちは笑いながら応援してくれます。
父親は自転車の後部を倒れないように押さえています。
そして、そっと手を離します。子供は気が付きません。
子供が一人で自転車に乗れた瞬間です。