工場の案内映像は字幕か翻訳音声のどちらがいいのか?

今回は、工場案内の映像制作が、字幕か翻訳音声のどちらがいいか紹介していきます。
まずは、字幕の映像制作についてです。
メリットの紹介からです。
字幕は映像制作の中に乗っているので、映像とのズレが無いため、映像を見ている多言語の人は情報がスムーズに入っていきます。
しかし、デメリットもあります。
それは、映像の情報量と字幕の情報量の違いです。
流れている情報に対する字幕は全て載せる事ができないのです。
もし、全ての情報に字幕を載せると肝心の映像が文字だらけになる事もあります。
次に、翻訳音声の映像制作についてです。
メリットの紹介です。
翻訳音声の映像は、音声が見ている多言語の人に合わせて流れます。
そのため、映像に出ている情報が、音声の情報との差し引きですくないため理解しやすい映像ができます。
しかし、デメリットはあります。
音声で流す為に、聞き流す可能性があります。
音声流れるスピードの調整は、早くても、遅くても駄目なので難しいものです。
さて、工場の案内映像は字幕か翻訳音声のメリット、デメリットを紹介していきました。
せて、最後は字幕と翻訳音声の2つを合わせた映像制作を紹介します。
映像の中で、アナウンスとして音声が流れないもの(看板の文字など)を、字幕で表記しています。
そして、映像で流れているアナウンスは翻訳音声で流します。
そうすることで、2つのデメリットを相殺出来るのでは無いでしょうか。
以上で、紹介を終わります。