外国人労働者のための教育用のマニュアル映像を制作する

企業の人手不足は深刻です。
近年、外国人労働者を雇っている会社も多く見られるようになりました。
しかし、言葉も生活習慣も違う彼らに、社員教育をするのは大変な企業努力が必要です。
そこで、言葉の壁を乗り越えるためにも、映像制作による社員教育は大変有効になります。
実際起こりうるパターンをいくつかピックアップし、教育用のマニュアル映像を制作すれば、社員教育もスムーズに進むと思われます。
また、今後外国人労働者は100%増えると考えられています。
多国籍労働者を抱える企業も増える可能性があります。
人種、性別、宗教など、あらゆる可能性を考えなければいけません。
彼らと日本人の間に摩擦が起こらないよう、差別と思われても仕方がない言動など、企業のためにもマニュアルが必要です。
グローバルな社会になってきていますので、日本人社員の考え方も改める必要があります。
こちらも具体的事案を何例か挙げ、わかりやすく映像制作すると受け入れやすいでしょう。