通信教育でも活用されている映像や動画による授業

かねてから通信教育や通信制の学校などはありましたが、通信技術が発達したことで手軽に映像を見ることができるようになり、映像を配信する形で授業を行なう学校も多くなっています。
通信教育による映像や動画の授業は視聴環境さえ整っていれば好きなときに視聴することができ、場所を問わないという手軽さもあります。
また映像を再度見直すことや見たい場面のみを再生することも可能であるため、授業の内容を理解しやすいというもメリットです。
授業にタブレットなどを用いる学校も出てきており、英語や習い事のように、これからの時代は映像デバイスに触れる機会を増やすことも大切な教育のひとつといえます。
パソコンやスマートフォンなど、視聴できるデバイスが増えたことで映像配信による授業の有用性は高まっていますが、そのぶんトラブルが発生した場合には多くの人に影響を与えることになるため、リスク管理も重要になります。
また授業映像のクオリティが授業の理解度に直結することもあり、専門の映像制作会社などに依頼することで完成度の高い映像を制作することもできます。