新人に合った映像制作をして人材教育に活用しよう

新人を受け入れ、その新人がよい人材となるよう育成することは企業にとって、とても重要なことになります。育成をする上で、重要となるのは、やはり教育です。ただし、その人材に適した教育を行わなければ、その効果はあまり期待できません。費用ばかりがかさみ、効果が表れないとなると、新人にとっても、そして、企業にとっても、マイナスでしかありません。
 そこで、新人に最も適した教育を検討することになりますが、まずは、育成しようとする人材のレディネスを知ることが重要になります。人材のレディネスを把握したら、その人材に対する教育内容を抽出し、精選します。ついで、精選した教育内容をどのように人材に教育するかという教育方法を考えます。
 教育方法にはいろいろな手段がありますが、視覚も聴覚も刺激をする映像を使った方法の選択は多くの場合、動画に慣れ親しんでいる現在の新人のレディネスにマッチしたものと考えられます。ただ、教育方法の映像を使ったものを選択したとしても、その企業に入社した新人に必要な教育内容を含んだ市販の映像があることは、ほぼないといえるでしょう。そのため、多少の投資をしたとしても、その企業に入社した新人のレディネスにマッチした、そして、その企業の求める人材育成の為の映像制作をすることは、有効な新人教育の教育手段といえます。