社員教育のケーススタディー用に動画制作を活用するのは有効です

多くの企業では社員のスキルアップに向けて様々な研修を実施しています。専門的な知識習得には、座学と確認テスト等で教育を行い、新入社員・中堅社員・幹部社員等の階層別の研修では座学よりもケーススタディーを重視した研修が行われる事が増えています。
大企業では、普段接触する機会のない多くの事業場の同世代の社員が一堂に集い、ケーススタディーで議論する事で、他事業場の実態を知ったり、そこから自分の事業場の課題解決のヒントを掴んだりできる点がメリットだとして、ケーススタディーの研修が増えているのです。
一般的にケーススタディーの課題は文章で記載され、それを元に議論する事が多いものです。しかし最も課題として取り上げられる事の多い、事業戦略に纏わる課題の場合には、多くの要素や背景を知らなければ生きた研修とならず、教育効果も半減する事になり、文章表現では不十分だと言えるのです。
これを解決する手段として、いくつかの事業場の実態を社員教育用に動画制作し、これをケーススタディーの課題として用いれば非常に有効です。自分がその事業場の一員であると言う生々しさを感じられる事で、議論が白熱し、教育効果が大幅に高まるのです。
社員研修の質の向上を考えられる場合には、この映像制作によるケーススタディーの導入がお勧めです。