社員教育に有用な映像とは? 教育用映像制作について

社員教育というのは人材育成の上必要不可欠ですが、人を集める場所の準備や実施のための時間、講師を呼ぶ費用など、なにかとコストがかかるものです。ここで講師のかわりに教育用映像制作した動画を使う事で、大幅なコストカットが見込めます。
しかし、教育映像というのは見る側にとってはえてして心に残りにくい物です。きちんと学んで貰うためには、出来るだけ見る側の社員が興味を持てる内容である事が重要となります。
例えば覚えてもらいたい事項について、漠然とした説明よりもサンプルケースを用意した方が効果的です。それも一般的なサンプルよりも、見る側の人々により近い、具体的な例を用意して、その人の体験する物語を通じて説明を行う事がより強い実感を呼びます。
また必要な情報だけではなく、軽く生活感を出すなど共感を持ってもらいやすい人物像を描写したり、本題から外れない程度に物語としての魅力があるとより見る側を引き込むことができます。
もちろん伝えたい情報がブレてしまっては元も子もないので、それらの説明は視覚的に分かりやすく提示するのもポイントです。視聴後に確認テストなどを行うとより効果的でしょう。