多店舗展開の店や企業の人材育成の為の教育にも映像制作は有効です

自社のPR用に映像制作して活用される例はよく見られます。こうしたPR用以外にも社員教育にも映像を有効活用する事が出来ます。例えば、多店舗展開する外食産業の接客等の人材育成の為の映像を制作して教育に活用すれば、写真と文章で表示するより遥かに理解し易いものです。何処の店舗でも、同質の味の料理を同質のサービスで提供する事が重要なチェーン店での教育には非常に有効と言えます。
同じ様に作業手順を遵守する事で不良率を徹底して削減し、不良品が市場に流出するのを防止する必要がある工業製品の大量生産の現場でも、作業マニュアルを映像制作で動きがある状態で示す事で、これも写真と文章で示したり、先輩社員が作業見本を見せるより、遥かに理解し易くなるはずです。
映像なら、何度も繰り返しチェックする事が出来、疑問に思う時にはすぐに見直す事も可能です。複雑な作業になればなるほど、作業マニュアルを映像で示す事の有効性は高まります。新人が仕事の習熟を早める事で、早期に戦力化する事は会社に多くの利益をもたらします。
この様に工夫すれば色々と会社の利益を高める事に映像は有効活用できるものです。自社の課題ポイントを、映像制作して教育に活用する事で改善できないかを考えて見られる事をお勧めします。