「映像制作と動画制作の違い」

映像制作と動画制作は同じ映像制作ではあるのですが、動画制作はそのままの形で世に出しても問題ないのですが、映像制作の場合は編集で色々と弄ったりして足したり引いたりの作業があります。動画制作はその点、手間がかかりませんが、映像制作は時間も手間もかかります。ですので動画制作は制作と言わずともカメラで撮影したそのままの形でも成立してしまうのです。映像制作は編集が入っていなければいけないと断言出来るものなので、その違いはあります。

また映像制作は映像自体に静止画や写真そのものも含まれるので、例えば写真何百枚かを編集して高速でスライドさせていったりで一つの映像として仕上げる事も出来るのですが、動画制作はあくまでもその対象物が動いていなければいけません。

映像制作や動画制作する際にどちらを作りたいのかによって、方法も変わってくるので最初に決めておいた方が進行はスムーズでしょう。

また映像制作は編集の際に何らかの編集アプリやソフトが必要ですが、動画制作ならカメラだけあればいつでも作れるのでその分、かかる費用も変わってきます。

他にも映像制作に音をつける場合も別に音源を必要とする場合もありますが、動画制作はそのままの自然音だけで十分と考える人も少なくはないでしょう。

映像制作や動画制作で手軽さを考えるなら動画制作の方が楽でしょうが映像制作はもっと拘れますし、一つの作品として世に出せます。動画制作は作品性に関してはよほど品質が良くないと作品と呼ぶには少し無理があるのかもしれません。